ニキビケアで治療だ!にきび跡に悩まない!

ニキビと吹き出物の違いは?

俗説的に、ニキビは若い内のもので、20歳(ハタチ)超えたらもう
それは、吹き出物って言うんだよ。

といった話を冗談交じりに皆さんも耳にしたことがあるのではな
いでしょうか。

この「20歳超えれば」の部分は、やや眉唾ですが、実はこの笑い
話もまんざらではない部分もあるんです。

ニキビには思春期ニキビと、大人ニキビに大きく大別することが
できるからですね。


思春期ニキビはその名の通り、10代の思春期を中心に、男女共に
男性ホルモン(テストステロン等)の働きが活発になり、皮脂分泌
が過剰になることで発生し易くなります。

皮脂が毛穴からスムーズに排出されさえすればニキビにはならな
いのですが、大量に分泌される皮脂が毛穴に詰まってしまうこと
で、ニキビとなってしまうことが主な原因となります。


これに対し大人ニキビというのは20歳以上に出来易いニキビで、
こちらも皮脂の分泌と毛穴の詰まりが原因であることには変わり
無いのですが、主な原因がストレスや、偏った食事、睡眠不足と
いった様々な生活上の要因で、肌の正常なターンオーバー(新陳
代謝)を阻害することで角質が厚くなり、その結果、皮脂が毛穴
に詰まってニキビとなってしまうことが主な原因となります。


思春期ニキビは成長するに従って男性ホルモンの働きが落ち着い
ていくことで、徐々に減少していくため、正しいスキンケアを心
がけることで自然と沈静化していき易いです。

対して大人ニキビの方は、新陳代謝が衰えているために治り難く、
跡にもなりやすい厄介なもので、顎周りや口元、頬から首にかけ
てのUゾーンに出来易いのが特徴です。

こちらの場合は肌を清潔に保つことは大切なのですが、あまりに
顔の皮脂を落とし過ぎても、今度は皮膚内部の水分を保湿する力
まで損なってしまいますので、正しい肌のスキンケアを心掛ける
と共に、睡眠不足の解消や、喫煙や飲酒を控えたり、規則正しい
生活のリズムを心掛ける等が必要になることが多いです。

ページ上部へストレスを旅行で対策