ニキビケアで治療だ!にきび跡に悩まない!

ビタミンC誘導体

ビタミンCには強力な抗酸化作用がありますが、ビタミンCその
ものは不安定で分子構造が壊れやすいという弱点を持っています。

更に皮膚は水溶性の物質を弾きやすい性質を持っていますので、
より肌に浸透しやすく、また安定性が高まるように合成された化
合物がビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体の臨床効果として、ニキビ跡の赤みや色素沈着
を防止し、コラーゲンの生成の促進によりクレーター(窪み)を減
らす働きや、過剰な皮脂分泌の抑制によってニキビをできにくく
する効果などがあると報告されています。

ビタミンC誘導体には、以下のような種類があります。

<水溶性>
リン酸ビタミンCと呼ばれ、短期間で皮膚に吸収されやすいので、
即効性が高いのが水溶性のビタミンC誘導体の特徴で、主に以下
の2種類があります。


・リン酸アスコルビルマグネシウム
水に溶けにくい特徴があるため、やや高価なものが多いですが、
刺激が少なめです。

>>リン酸アスコルビルマグネシウム含有の製品


・リン酸アスコルビルナトリウム
若干の刺激がありますが、リン酸アスコルビルナトリウムの製品
と効果は大差なく、やや安価なのが特徴で、院内処方のビタミン
Cローションに含まれていることが多い成分です。

>>リン酸アスコルビルナトリウム含有の製品


<油溶性>
ビタミンCエステルとも呼ばれ、水溶性とは対象的に、長時間に
渡って皮膚に吸収される特徴を持っています。

・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
皮膚が持つ酵素の働きで、ビタミンCとパルミチン酸に分解され
て作用します。水溶性のものより刺激が少ないために、乾燥肌や
敏感肌の方に重宝されます。

>>テトラヘキシルデカン酸アスコルビル含有の製品


<水溶性と油溶性の両方の特性を持つ新型>
リン酸とパルミチン酸をもった新しいビタミンC誘導体です。

従来のビタミンC誘導体と比較して皮膚浸透性が高まり、ビタミ
ンCの変換率も優れており、ものによっては従来のビタミンC誘
導体よりも100倍の浸透力があるものもあります。

肌を美しくするだけでなく、皺(シワ)の抑制に繋がるアンチエイ
ジング効果を持つものもあり、肌への刺激も殆ど無く、乾燥する
こともありません。

>>新型ビタミンC誘導体含有の製品

ページ上部へストレスを旅行で対策